セミナー申し込み受付は終了しました。
今後とも日経ソリューションビジネスをよろしくお願いします。

製品ベンダーに比べると、システムインテグレータのマーケティング力はどうして見劣りがします。「セミナーや展示会で多くの人を集客しても、なかなか受注にも結び付かない」「せっかくの見込み顧客リストを、どうやってフォローしたらいいのか」「Webを販促活動にもっと有効活用できないか」−−。こうした状況は多くのソリューションプロバイダの方が経験しているはずです。せっかく見込み客の情報を集めても、思うように成約案件が出ない場合も多く、費用対効果を見るとそれだけのメリットがあるのか、疑問を感じる担当者も少なくないでしょう。
そこで、効果的なセミナーの打ち方や事例紹介の方法、見込み客へのフォローの仕方など、ソリューションプロバイダが実践すべきマーケティングについて、専門家に解説してもらいます。新規開拓に悩んでいる営業・マーケティング担当者の皆さん、奮ってご参加ください。


2006年7月21日(金) 
13時00分〜17時00分
(開場 12時30分)


青山ダイヤモンドホール
(東京・表参道)


19,800円(税込み)
■「日経ソリューションビジネス」ご購読者
 現在のご購読期間に24冊購読延長付き、
■一 般
 「日経ソリューションビジネス」最新号から24冊購読付き
※一般としてお申し込みいただきました方には、
  ご記入いただきましたメールアドレス宛に、
  日経ソリューションビジネスが配信する無料の、
  「ITpro ソリューション営業メール」をお送りいたします


◆セミナー1 13:00〜14:10
販促セミナーを劇的に変える方法
講師:ナレッジサイン 代表取締役社長 吉岡英幸 氏
一般的なプレゼン型セミナーでも、ちょっとした工夫や発想の転換で効果を高めることが可能です。セミナーを「一度に多数にプレゼンする場」から「一度に多数のお客様の課題を把握する場」へと発想を転換することが重要です。集客プロセスの効率化や受注確度の高い見込み顧客を発掘するための独自手法などを、IT業界の販促セミナーに的を絞ったコンサルティングを展開されている方に語っていただきます。

◆セミナー2 14:10〜15:10
見込み客リストから案件を創出し続けるマーケティング手法!
講師:シンフォニーマーケティング 代表取締役社長 庭山一郎 氏
展示会やセミナー、営業での名刺交換、Web広告にメールマガジンなど、企業内では多くの情報が眠っています。これらこそが実は“宝の山”です。こうしたデータなどを活用し「見込み客リストから、いかに案件を創出するか」を、データベースマーケティングや営業戦略のコンサルティングを手掛け、多くの実績を上げているマーケティングのプロに、独自のノウハウを語っていただきます。

◆セミナー3 15:20〜16:10
“顧客事例”をうまく活用する販促・マーケティングのコツ
講師:カスタマワイズ 代表取締役社長 村中明彦 氏
ご講演いただくカスタマワイズ社は「顧客事例」の制作とコンサルティングを手掛けている会社です。講師の方の前職であるソフトウエア会社勤務中に、実際に200本の事例を制作、営業活用された経験をもとに、セミナー・対面営業・Webサイト・その他で「顧客事例」をどう有効活用すればよいのかについてのポイントを語っていただきます。

◆Q&Aセッション 16:20〜17:00
セミナー2・3の講師をパネラーとしてお迎えし、会場の参加者からの質問・疑問にお答えします。
司会:日経ソリューションビジネス 副編集長 大山 繁樹

※講師、講演タイトル等は変更になることがあります。予めご了承ください。




お問い合わせはこちらからお願いいたします
Copyright (c)2006 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.