top

 2009年に業界を席巻した「クラウド・コンピューティング」に向けて、日本の通信事業最大手のNTTグループが本格的に動き出しました。米国のグーグルやアマゾン・ドットコム、マイクロソフトなどが提唱するクラウドとは異なり、NTTはグループ内で構築するNGN(次世代ネットワーク)やLTE(long term evolution)網の機能を生かし、その上位にあるクラウドで通信事業者ならではの信頼性と安全性を高めたサービスを展開しようとしています。


 本Webセミナーでは、NTTグループのクラウドを理解するため、その基幹技術である「CBoC」の開発を進めるNTT情報流通プラットフォーム研究所をはじめ、クラウドを使い企業向けサービスを展開するNTTコミュニケーションズとNTTデータ、クラウドを支える基盤網NGNを運営するNTT東日本、無線ネットワークとクラウドとの連携で新しいサービス像を描くNTTドコモのキーパーソンが、それぞれの役割からクラウドの実像を詳しく解説します。


 NTTグループはNGNの構築時点から業界の枠にとらわれないパートナシップを標榜し、様々な企業とネットワーク基盤を活用したサービスの開発を進めています。ただグループ内のNGNやLTE網などの基盤インフラと、プラットフォームやアプリケーションの実行環境に関し、どの機能をどの範囲までグループ外のパートナ企業に公開するかなどはまだ明確に見えていません。その一端がセミナーの講演の中に見えるかも知れません。


 本Webセミナーは、クラウドを利用したいユーザー企業様やパートナ企業様だけなく、NTT版クラウドの進展によるビジネスモデルの変化を読み取りたい通信業界の皆様に、有益な情報をお届けいたします。
 通信事業にかかわる皆様にとって、今後の戦略を考える好機となるでしょう。ぜひ本Webセミナーのご視聴をお待ちしています。

お申込みに際して
 ※お申込み後の登録完了メールにて、アクセス先のURL、ID、パスワードをお送りします。そちらからご視聴ください。
 ※ID/パスワードの確認は、登録完了メールか、後日送付する請求書文面でご確認ください。(メール・請求書は大切に保管ください。)
  尚、登録完了メール・請求書類は、複数購入した場合にも、セッションごとに送付いたします。
 ※その他のお問い合わせはこちらのWebサイトでお問い合わせください。
 
本セミナーの受付は終了いたしました。
今後とも日経コミュニケーションをよろしくお願いいたします。
 
プログラム

クラウド・コンピューティング技術CBoC

NTTグループは,これまで通信事業者として培ったノウハウをどうクラウド・コンピューティングに生かすのか。キャリア・クラスの信頼性をもたらす管理・制御技術である「CBoC」(Common IT Bases over Cloud Computing)のコンセプトを中心に,クラウドが目指すサービス像とそのために不可欠な技術を解説する。
 

BizCITYとSettenで広がる企業のクラウド環境

NTTコミュニケーションズでは、セキュアかつユビキタスなクラウド環境を実現するICTサービスを“BizCITY”としてラインナップし,順次拡充を進めている。本セッションでは、“BizCITY”への取り組みについて,通信事業者としてのクラウド・サービスへのアプローチとクラウド基盤技術“Setten”を活用したサービスの展開など,今後のビジネス展開を含め紹介する。

NTTデータのSaaS/PaaSプラットフォームが実現すること

NTTデータは,プライベートクラウドの構築からパブリッククラウドのためのサービスプラットフォームまで,統合的にサービスを提供する。中でも,来春提供予定のアプリケーション&プラットフォームサービスのためのプラットフォームは,立ち上げまでのリードタイムや導入コストの削減を実現する基盤として,企業ニーズに柔軟に対応していく。今回はそのプラットフォームを中心に取り組みを紹介する。
 

クラウドを支えるNGNの最新技術

NTTグループが推進しているNGN(次世代ネットワーク)は,ユーザーがNTT版クラウドを利用するうえで鍵を握るインフラである。NGNが備える「帯域保証」や「回線認証」といった機能のほか,キャリアグレードの高信頼性を支える技術について分かりやすく解説する。
 

LTEによる無線高速化と端末・ネットワーク連携でクラウドはこう変わる

NTTドコモが2010年のサービス開始に向け構築を進めている「LTE」(long term evolution)網は,クラウド環境への高速無線アクセス・インフラとして期待される。この高速アクセス網によるモバイル端末とクラウドの連携が生み出す全く新しいサービスの姿を提案する。
 

 
本セミナーの受付は終了いたしました。
今後とも日経コミュニケーションをよろしくお願いいたします。
お問い合わせは、こちらからお願いします。