会会議が変われば働き方も変わる!「会議ファシリテーション実践講座」すぐに使える8つの基本動作が身に付く【日経BP主催セミナー】

会議が変われば働き方も変わる!「会議ファシリテーション実践講座」すぐに使える8つの基本動作が身に付く【日経BP主催セミナー】

会議改革は、「働き方改革」

「本当に会議が変わる」「社員全員に受けさせるべき」とお墨付きのプログラム

 ビジネスパーソンが生涯に費やす打ち合わせ時間は3万時間と言われています。
 仕事の30%をなんらかの打ち合わせ、意思決定会議、報告会議、共有会議、定例会議などに費やしている計算です。
 政府が「働き方改革」を推進し、多くの企業が長時間労働の是正に取り組むなか、会議の生産性を上げ、意思決定とアクションを迅速に行える体制を整えることは喫緊の課題ともいえるでしょう。
 日経情報ストラテジーが2016年末に実施した緊急アンケートでも、「会議を変えれば会社が大きく変わる」とした回答者が44.3%に上っています。
 とはいえ上司や先輩の会議のやり方を見よう見まねで受け継いでいるだけでは改善の糸口は見つかりません。生産性の高い会議の定石を知り、実際にやってみることでこそ会議改革の勘所が体得できます。本セミナーはその格好の場になるでしょう。

<講師からのメッセージ:本プログラムの特徴>

  1. ファシリテーションを学ぶ事が目的ではなく、会議を変える事が目的
    ですから、アカデミックで教科書的なことをお伝えするセミナーではありません。
    「会議を変える」ために有効なものだけを体系的にお伝えするセミナーです。そして、それらはすべて実際の会議で磨き上げられたスキルであり、本講座の元となったファシリテーション・トレーニング(ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ開催)に参加された方の多くは「ファシリテーションの捉え方が変わった」とコメントしてくれます。
    それくらい世の中で語られている学問的なファシリテーションと、実戦でのファシリテーションとは異なるものなのです。実戦で使えるファシリテーションをお伝えします。
  2. 「やりかた」を知るだけでなく、「必要性」を実感できるセミナー
    多くのセミナーは「やりかた」「方法論」を解説します。しかし、これだけでは何度セミナーを受けても「勉強になった気がする」で終わってしまうのです。その場では勉強になった気がしても、日常に帰ると実践出来ない。
    なぜなら、方法論の「必要性」が身にしみていないからです。
    どんなに良い方法論でも、「必要性」がしみじみと実感できなければ日常に戻って「やってみよう!」とは思えないのです。
    本セミナーでは、一方的な「やりかた」の伝達ではなく、「なぜこのやり方が必要なのか」「日常業務に適用できる部分、できない部分はどこか」などをディスカッションを通じて深めていきます。 これが学んだ事を最大限に活かすことにつながるのです。
  3. 大企業で採用済の実績あるプログラム
    ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズが開催してきたファシリテーション・トレーニングは、既に多くの企業が社内トレーニングコースとして採用しており、「本当に会議が変わる」「社員全員に受けさせるべき」という評価を貰っています。
    今回、そのプログラムをベースに、様々な業種・職種の方が受講されることを念頭にアレンジし、公開することにしました。毎回高評価をもらっているプログラムですので安心して受講していただけますし、企業内研修をお考えの方にもピッタリだと思います。

※過去にファシリテーション・トレーニングに参加した方のアンケートを紹介します。


↑クリックすると拡大画像PDFが別ウインドウで表示されます


↑クリックすると拡大画像PDFが別ウインドウで表示されます


開催概要

■ セミナー名 会議ファシリテーション実践講座
■ 日 時 2017年3月16日(木)9:30〜17:30(9:00開場)
■ 会 場 アーバンネット神田カンファレンス (東京・神田)
〒101-0047 東京都千代田区内神田三丁目6番2号 アーバンネット神田ビル2階
■ 主 催 日経情報ストラテジー
■ 受講料金 118,000円(税込)
※受講料は税込・1名料金で、昼食(お弁当)とお飲物が含まれています。
■ 受講特典

●参考図書
「世界で一番やさしい会議の教科書」
(榊巻 亮 著、日経BP社)
※当日会場にてお渡しします。

世界で一番やさしい会議の教科書
■ 定 員 40名(先着順・満席となり次第締切となります)最少催行人数:20名
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

【お申し込み注意事項】
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。
※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※受講料のお支払い:お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。
クレジットカード払いの場合、受講証の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
<MyPage>https://entry.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
※定員:40名
※参加申込人数が最少開催人員(20名)に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。
※講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

講師

榊巻 亮氏

榊巻 亮

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ
アソシエイトディレクター

大学卒業後、大手建築会社に入社。業務改善活動に携わり、改革をやり遂げる大変さを痛感する。ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズに入社後は「現場を変えられるコンサルタント」を目指し、金融・通信・運送など幅広い業界で業務改革プロジェクトに参画する。変革の成果を享受する現場サイドと、それを支援するコンサルタントサイドの双方の経験を生かしながら、納得感の高いプロジェクトの推進を得意としている。主な著書に『世界で一番やさしい会議の教科書』(日経BP社)、『業務改革の教科書』(日本経済新聞出版社)など。「日経情報ストラテジー」で「抵抗勢力との向き合い方」(2015年1月号~2015年8月)、「グダグダ会議をなくせ」(2016年3月号~2016年12月号)を執筆。

ファシリテーションの8つの基本動作

本セミナーの受付は、満席につき終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。
<<その他のセミナー情報につきましてはこちら>>