セキュリティ対策チーム(CSIRT)の構築・運営テクニック

セキュリティ対策チーム(CSIRT)の構築・運営テクニック

情報漏洩や標的型攻撃が発生!御社は迅速に対応できますか?

  • セキュリティ事故の発生時に焦らず迷わず対応するポイントを伝授
  • 演習を通じてセキュリティ対策チーム(CSIRT)の構築プロセスを習得
  • 体制構築に役立つドキュメント・テンプレートを提供
  • “名ばかりCSIRT”にならないための運営の秘訣も専門家が伝授

 情報漏洩が起きたり標的型攻撃を受けたとき、皆さんの会社は迅速に対応できるでしょうか?誰がどのように問題を把握し、対応策を打ち出していきますか。その意思決定は迅速にできますか。

 どれだけ守りを固めても、セキュリティ事故を100%防ぐことはできません。被害を最小限に抑えるには、事故発生を想定した対策体制を作ることが不可欠です。そこで注目が集まっているのが、セキュリティ事故対策の企業内専任チーム「CSIRT(シーサート:Computer Security Incident Response Team)」です。セキュリティ事故が起きたときのコントロールセンターとして、情報収集や被害拡大防止策の立案・実施などを担います。

 本講座では、セキュリティ対策チーム(CSIRT)の作り方や運営方法、問題が起きたときの行動方法を伝授します。専門家による演習などを通じて、自社の弱みを把握し対応策を考えてみましょう。対策チームの構築・運営に必要なドキュメントやテンプレートもご提供します。

開催概要

■ セミナー名 セキュリティ対策チーム(CSIRT)の構築・運営テクニック
■ 日 時 2016年3月23日(水) 10:30〜17:00
■ 会 場 富士ソフト アキバプラザ 6Fセミナールーム(東京・千代田区)
■ 受講料
 (税込)

・1名での申込:43,800円早期申込割引:39,800円 ※3月7日(月)まで

・2名同時申込:82,600円早期申込割引:78,600円 ※3月7日(月)まで

※受講料には昼食(お弁当)とお飲み物が含まれています
■ 定 員 42名 最少開催人員:10名
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
■ 主 催 日経BP社 日経コンピュータ、ITpro、コンピュータ・ネットワーク局教育事業部

【お申し込み注意事項】
※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。
※ お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※ 受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。 なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
※ 定員:42名
※ 参加申込人数が最少開催人員(10名)に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ 会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。
※ 講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

お申し込み

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。