システム開発・運用での伝達ミスを防ぐ 英文ライティング実践講座

システム開発・運用での伝達ミスを防ぐ 英文ライティング実践講座

海外ITベンダーとの協業や海外IT人材の活用に備える

考えや思いが正しく“伝わる”英文の勘所を伝授!
中学レベルの英語力を磨けば大丈夫!
メールや指示書などの間接対話で英語力をアップ!

本講座は「英会話」ではなく「英文」(メールなど)で海外IT人材とコミュニケーションをするためのスキルを身に付ける講座です。

グローバル化で多くのITエンジニアが直面する壁が「英語」です。そこでお勧めする方法が、「英会話」ではなく「英文」を書くスキルを磨くことです。実はシステム開発の指示や進捗管理、運用業務での状況確認などは、リアルタイムな英会話よりも電子メールや指示書を使った英文のやり取りが多いからです。英会話と違って適宜、辞書などで調べながら書くこともできるため、安心してコミュニケーションできる利点もあります。

多くの方は「受験英語」で、英語嫌いになっているかもしれません。でも、ご安心ください。本講座の目的は、仕事で使える、相手に伝わるコミュニケーションを重視します。中学レベルの英語力を磨けば、仕事で十分に使える英文ライティングのスキルが身につきます。システム開発・運用の現場で役立つ、明日から実践できる英文ライティングの勘所を伝授します。

開催概要

■ セミナー名 システム開発・運用での伝達ミスを防ぐ 英文ライティング実践講座
■ 日 時 2016年3月18日(金) 10:00〜17:00
■ 会 場 秋葉原ダイビル5F カンファレンスフロア
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル5F
■ 受講料
 (税込)

・1名での申込:43,800円早期申込割引:39,800円 ※3月3日(木)まで

・2名同時申込:82,600円早期申込割引:78,600円 ※3月3日(木)まで

※受講料には昼食(お弁当)とお飲み物が含まれています
■ 定 員 50名 最少開催人員:20名
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
■ 主 催 日経BP社 日経コンピュータ、ITpro、コンピュータ・ネットワーク局教育事業部

【お申し込み注意事項】
※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。
※ お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※ 受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
※ 定員:50名
※ 参加申込人数が最少開催人員(20名)に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ 会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。
※ 講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

講師

赤羽根 弥生

オフショア大学認定
グローバル英語トレーニング講師

仏系日本法人、米国における日本語教師、社会人向けグローバル人材育成を営む民間私塾 を経て、現在は文科省スーパーグローバルハイスクールアソシエイト認定校にてグローバル学習指導に従事。神奈川工科大学、野村総合研究所、TATAConsultancy Services Japanでの指導実績あり。

幸地 司

アイコーチ株式会社 代表取締役
オフショア大学 代表

メーカーの研究開発職を経て、2003年にオフショア開発に特化した研修コンサルティング会社を設立。その後、グローバルIT人材を育成する研修事業“オフショア大学”を開設。オフショア開発の推進支援や海外IT人材の活用支援などを手がける。著書に「オフオフショアプロジェクトマネジメント」(技術評論社)、「オフショア開発に失敗する方法」(ソフト・リサーチ・センター)などがある。

お申し込み

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。