伝わる文章の「構成・執筆・査読」力 向上講座

伝わる文章の「構成・執筆・査読」力 向上講座

 次のような課題や要望をお持ちでしたら是非ご参加ください。解決策が見つかります
 アジアITベンダーとの会議が控えている。交渉時の注意点やマナーを知っておきたい
 アジアでオフショア開発をしている。仕様の伝達ミスが多く手戻りが減らない
 PM/SEが不足している。アジアIT人材の活用を考えているが第1歩が踏み出せない
 協力会社を通じてアジア人SEを受け入れているのだが、意思疎通がうまく図れない
 日本人チームとアジアIT人財チームの間に壁。これを崩して一体感を醸成したい

 アジア(ベトナム、インド、ミャンマー、フィリピン、中国など)のIT人材/ITベンダーを活用する機運が、改めて高まってきています。大型開発案件の増加やネットビジネスの拡大に伴い、システム開発を取りまとめるPM(プロマネ)や開発・運用を担当するSEが不足しているためです。

 国内の人材コストも高騰しており、開発・運用コストの上昇につながっています。そこで改めて、アジアIT人材/ITベンダーの活用に注目が集まっています。開発案件をベトナムやインド、ミャンマー、中国などのITベンダーに委託するといったオフショア開発だけでなく、ITベンダー経由でアジアIT人材を受け入れて運用・保守業務を任せる(そこで浮いた日本人を開発案件にまわす)、アジア法人のプロジェクトを任せるためにアジアIT人材を採用する、といったケースもあります。

 とはいえ、「仕様の伝達ミスが多く手戻りが減らない」「意思疎通が上手くいかない」「期待通りの業務品質を得られない」といったオフショア特有の課題はあります。そこで本講座では、アジア・オフショアの主要5カ国を対象に、各国の商慣習やIT人材の実情、人材マネジメントや外注管理の実践テクニック、プロジェクト管理や品質管理の勘所を解説します。是非、ご参加ください。

本セミナーの特徴

オフショア主要5カ国(ベトナム、インド、ミャンマー、フィリピン、中国)の最新事情やオフショア活用事例を解説。オフショア未経験者でも理解できるよう初歩から解説
10を超えるミニケースを使って、開発・運用生産性や品質の向上、プロジェクト管理の実践テクニックをトレーニング
事業を推進する部長候補 / 課長 / リーダー層の実務を想定。実際のケースを基にした個別ワークを通じて実践力を高める

開催概要

■ セミナー名 オフショア推進リーダー養成講座
■ 日 時 2015年11月27日(金) 10:00〜17:00 (開場:9:30)
■ 会 場 富士ソフト アキバプラザ
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル
■ 主 催 日経BPイノベーションICT研究所/コンピュータ・ネットワーク局教育事業部
■ 受講料

・1名での申込:43,800円(税込)

・2名同時申込:82,600円(税込)

早期申込割引:39,800円(税込)※11月12日(木)まで

早期申込&2名同時申込割引:78,600円(税込)※11月12日(木)まで

■ 定 員 42名
●最少開催人員:20名
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
■ 対 象 ITベンダー / ユーザー企業のシステム開発・運用責任者および担当者

【お申し込み注意事項】
※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込ください。
※ お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※ 受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。 なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
※ 定員:42名
※ 参加申込人数が最少開催人員(20名)に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師等が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ 会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。
※ 講師の急病、天災その他の不可抗力、又はその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

講師:幸地 司(こうち つかさ)

アイコーチ株式会社 代表取締役

2003年、業界に先駆けオフショア開発に特化した研修コンサルティング会社を設立。その後、“オフショア大學”のブランド名で日本国内だけではなく中国・ベトナム・フィリピンの現場に入り込み活躍。実践的でわかりやすい事例研究が高い評価を得る。

主な著書
「オフショア開発に失敗する方法」(ソフト・リサーチ・センター)
「オフショアプロジェクトマネジメント【SE編】【PM編】」(技術評論社)共著など

お申し込み

本セミナーの受付は終了いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。