2017年の受賞作品一覧はこちら

   

堀田真由さんがイメージキャラクターに就任!
「堀田真由賞」も創設

 堀田真由さんが「みんなのラズパイコンテスト2017」のイメージキャラクターに就任することが決まりました。堀田真由さんが選ぶ「堀田真由賞」も創設します。発表時に明らかになる賞品もお楽しみに!皆様ふるってご応募ください。

<堀田真由さんのプロフィール>

WOWOW「テミスの求刑」でデビュー。主な出演作品として映画「超高速!参勤交代リターンズ」、映画「トモシビ」、映画「36.8℃」、NHK「獄門島」などがある。10月より放送開始のNHK「わろてんか」ではヒロインの妹役で出演。2018年には出演映画作品の公開を控えている。

「ラズベリーパイ財団賞」を今年も創設

 Raspberry Piを開発した英国のラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)とJapanese Raspberry Pi Users Groupが選ぶ「ラズベリーパイ財団賞」を今年も創設することが決まりました。小中学生を中心とした学生を表彰します。Raspberry Pi 3ほか詰め合わせが贈られます。学生の皆様、奮ってご応募ください。

 

スタートダッシュ賞を開設しました!(締め切り:2017/8/21)

 8月21日までにご応募いただくと、抽選で30名様にAmazonギフト券(1000円)をプレゼントします。グランプリなど他の賞とのダブル受賞ももちろん可能です。ふるってご応募ください。

 

「超小型カメラ」と「熱流センサー」を無償提供します!(応募期間:2017/7/10~24)

 みんなのラズパイコンテストに協賛するソニーセミコンダクタソリューションズとデンソーの2社が、最新の電子パーツをコンテストに参加する皆さんへ無償提供します。気軽に試して、作品やアイデアをぜひ応募してください! 応募期間は7/10~24です。

 

 提供の条件は、製品を使った作品またはアイデアを応募いただくことです(複数応募も可)。応募用紙の「使用した無償提供製品」に本製品名を記載してください。応募いただけなかった場合は、製品をご返却ください。返却時に、製品の加工や破損があっても構いません。

 

 無償提供となる電子パーツは、ソニーセミコンダクタソリューションズの超小型カメラ「IU233N」と、デンソーの熱流センサー「Energy Eye」です。

 

「超小型カメラ賞」提供
 ソニーセミコンダクタソリューションズの「IU233」は、ヘッドサイズが2.6 x 3.3 x 2.3 mmと超小型で、0.02gと軽量なのが特徴です。画素数は106万です。Raspberry PiのカメラポートまたはUSBポートに接続して利用できます。106万画素で60フレーム/秒の動画撮影が可能です。詳しくは、こちらをご覧ください。

 

「Energy Eye賞」提供
 デンソーの熱流センサー「Energy Eye」は、熱エネルギーの絶対量や熱の方向(受熱・放熱)を計測することができ、微小な発熱変化まで捉えることが可能なセンサーです。高感度で柔軟・高耐圧・低熱抵抗という特長を備え、様々な分野で活用されています。詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 応募できるのは、どちらか一方の製品になります。両方に応募することはできません。IU233は最大30名様(当初20名だったのを30名に増やしました)、Energy Eyeは最大30名様に提供します。以下の応募フォームで、応募の理由や意気込み、(もしお持ちなら)作りたい作品イメージを記載してください。応募多数の場合は、事務局が応募理由などから当選者を選定します。

 

 当選者の発表は製品の発送をもって代えさせていただきます。製品は、2017年7月末頃までに発送いたします。

 
開催概要
募 集 対 象
Raspberry Pi(機種は問いません)を使っている作品で、電子工作の作品、デスクトップ/サーバーのアプリやミドルウエア、子供用など特定用途の利用環境、面白いケース(きょう体)などが対象です。
オープンソースソフトなどは自由に利用してください。実際に作った物、またはそのアイデアが対象です。
応 募 資 格
個人やグループ、団体(企業含む)で応募できます。複数の作品の応募も可能です。
応 募 方 法
作品/アイデアの概要、技術的な仕組み、アピールポイントなどを簡潔にまとめてご提出いただきます。実際に作った作品に関しては、写真や図版なども適宜ご用意ください。
募集期間
2017年7月10日(月) 〜 9月21日(木)
審査員
青山学院大学 客員教授 阿部 和広 氏(審査委員長)、暇村工房 今村 博宣 氏、
RSコンポーネンツ 宮原 裕人 氏、グレープシティ 大江 輝晃 氏、
ソニーセミコンダクタソリューションズ 綿谷 行展氏、デンソー 青山 雅之 氏、
ラズパイマガジン編集長 安東 一真、日経Linux 編集長 岡地 伸晃、
日経ソフトウエア 編集長 久保田 浩
<Platinum Sponsor>
<Gold Sponsor>
<Silver Sponsor>
<後援組織・団体>
日本Androidの会 / 日本Androidの会秋葉原支部 / Japanese Raspberry Pi Users Group / CANVAS
【問い合わせ先】
コンテストの内容などについてご不明な点がある場合は、以下のWebサイトにある問い合わせフォームよりご連絡ください。 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/store/req/QA/form/qa_5_2f.shtml
フォームの「雑誌名」欄では「日経Linux」を選んでください。「発行号」欄や「記事名」欄、「掲載ページ」欄は
空白のままで構いません。「お問い合わせ事項」欄に、ご質問内容を記載ください。
その際、「みんなのラズパイコンテストについて」の質問であることを明記してください。

※個人情報について
日経BP社の個人情報保護方針(http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/privacy/)と、個人情報取得に関するご説明(http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/privacy/p8.shtml)をご覧いただきお問い合わせください。ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のために利用します。

Raspberry Pi(ラズパイ)とは
 ラズパイは、スマートフォンなどと同じ種類のCPUが載った、れっきとしたコンピュータです。名刺に隠れるくらいのサイズでありながら、使いやすいGUIデスクトップで操作でき、さらにセンサーやモーター、LEDといった電子部品を簡単につないで制御できます。5000円程度と安価なことなどから人気を呼び、発売から5年で1100万台以上が売れています。
 ラズパイのOSインストールの方法や、実際の工作例などは新装刊になった「ラズパイマガジン2017年6月号」などで紹介しています。また2017年2月号には、第3回コンテストの全受賞作品の解説もあります。ぜひ、楽しい作品を考えてコンテストに応募してください。
go top

Copyright © 2017 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.