日産で学んだ世界で活躍するためのデータ分析の教科書

業界動向/IT経営

日産で学んだ世界で活躍するためのデータ分析の教科書

関連キーワード-
データ分析 課題解決 確率統計
発行-
日経情報ストラテジー

日産で学んだ世界で活躍するためのデータ分析の教科書

購入

  • ■発行日:2015年10月21日
  • ■定価:1,800円+税
  • ■柏木 吉基 著
  • ■A5判
  • ■176ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BPマーケティング
  • ■ISBN:978-4-8222-7175-6
  • ■商品番号:246320

日産で学んだ世界で活躍するためのデータ分析の教科書

内容紹介

カルロス・ゴーン社長をも納得させた「データ分析」とは?

国籍や職歴も関係なく、誰もが納得するデータ分析には、「ストーリー」が必要です。本書では、日産自動車に10年以上勤め、カルロス・ゴーン氏や外国人役員に数々の提案をし、V字回復経営を直接支えた著者が、世界で通用する「データ分析術」を伝授します。具体的には、「基礎的な分析手法」から「納得させるストーリーをつくるスキル」、「プレゼン用のデータの見せ方」まで。この1冊だけで、分析知識ゼロの初心者が、客観的なデータを使い、上司を納得させる提案をつくるまで、が学べる内容となっています。また、「いきなりデータに手を付けて分析に失敗してしまう・・・」「思いつきで分析を増やしてしまう・・・」など、データ分析のよくあるお悩みも解決。新人からベテランまで、あらゆるビジネスパーソンの実務に役立つ1冊です。

目次

【序章】 日産時代の経験から言えること

【第1章】 課題解決の「プロセス」を知ろう!
      [課題解決ストーリー1]
        ── 新車販売が悪化、さあどうする? まずは計画と現実の差を明確に

【第2章】 分解して「課題ポイント」を探ろう!
      [課題解決ストーリー2]
        ── データを“分解”して 課題ポイントを特定

【第3章】 2軸の視点で「要因」を探ろう!
      [課題解決ストーリー3]
        ── WHY型の仮説を立てる ロイヤルティー率との関連要因に注目

【第4章】 2軸の関係を「数式化」しよう!
      [課題解決ストーリー4]
        ── 単回帰分析を実行してみる 車種Bと車種Cに個別の課題発見

【第5章】 「課題解決ストーリー」の振り返り

▲ページトップへ