まるわかり!RPA

業界動向/IT経営

まるわかり!RPA

関連キーワード-
RPA 働き方改革
発行-
日経コンピュータ

まるわかり!RPA

購入

  • ■発行日:2017年11月16日
  • ■定価:1,800円+税
  • ■日経コンピュータ 編
  • ■A4変型判
  • ■216ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BPマーケティング
  • ■ISBN:978-4-8222-5858-0
  • ■商品番号:264470

まるわかり!RPA

内容紹介

業務自動化で生産性UP!基礎から導入の勘所まで

働き方改革が産業界を挙げた一大テーマとなる中、人間のPC操作をソフトウエアで自動する新しい技術「RPA」が脚光を浴びています。
データの入力や転記、チェックといった定型作業を、人間の数倍から数十倍のスピードで正確にこなすのがRPA。将来的には人工知能(AI)との連携も進むとみられ、日本産業界にとって労働生産性向上の切り札になる可能性を秘めています。

本書はRPAの基本的な仕組みから事例に基づく導入のポイント、主要IT企業の製品やサービスまで、ITを使った働き方改革の悩み所を解説します。


・先進事例に学ぶRPA導入の勘所(ユニリーバ・ジャパン、日本生命保険、住友林業など)
・まずRPAを忘れよ!?第一人者が本質を徹底指南
・経験者が打ち明ける「RPAしくじりパターン」
・管理機能から価格体系まで、RPAツールの特性を知る

目次

『第1章 RPA基礎編』
さらばPC雑務
透明ロボット「RPA」に全部お任せ

『第2章 事例編』
大和ハウス工業
RPA導入で生産性2倍に 会社の成長、縁の下で支える
日本生命がRPA導入拡大 仕事を5倍速く、15%少なく
住宅ローン専業大手のアルヒがRPA導入 店舗での作業時間を6分の1に
【RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)】
 社内の処理ミス減らし効率化 営業上の武器として活用する企業も
【AI】
 ディープラーニングで写真を自動分類 挑戦続ける、グルメ情報サービスRetty

『第3章 動向編』
PC雑務の自動化「RPA」にNRIなど参入 人手不足に商機、アビームは機能強化
RPAに大手から新興まで参入相次ぐ BPMと連携容易に、クラウド版も
RPAでBPOの生産性向上 三井住友FGとNECが共同展開
ソフトバンクとIBMがRPA参入 AIと連携、業務改善の指南も
「Excelもメインフレームも自動化」 日立ソリューションズがRPA
RPAが第2フェーズへ AIと組み合わせた新サービスの実力は?
RPAを学べる? 作業を自動化する工場ゲーム

『第4章 インタビュー編』
デジタル社員の人事政策が本質 まずはRPAという言葉を忘れよ
 日本RPA協会 代表理事(RPAテクノロジーズ 社長) 大角 暢之 氏
日本の需要は欧米より旺盛 サポート充実に力を注ぐ
 ユーアイパス CEO(最高経営責任者) 長谷川 康一 氏
特任部隊でデジタル推進 世にない事業をITで創造
 オリックス 常務執行役グループCIO 業務改革室管掌 グループ業務センター管掌  片平 聡 氏

『第5章 解説編』
ゼロから分かるRPA●全ての企業がいま「RPA」に本腰を入れるべき理由
ゼロから分かるRPA●枯れた技術の集合体 脳と手と目からなるRPAツール
【KPMGコンサルティング】
 AIにより進化する次世代RPA /デジタルレイバー
【デロイト トーマツ コンサルティング】
 活用の成否を握るのはヒト RPA/AIが経営に与える意義とは?
【アビームコンサルティング】
 その盛り上がりは本物か 実態から見る成功のアプローチ
【アクセンチュア】
 急がば回れ! RPAでコスト削減 業務変革を実現するには
【日本IBM】
 安定運用を見据えた導入推進 コグニティブ連携で業務改革を
【日立ソリューションズ】
 RPA全社導入により顕在化する 運用・活用の落とし穴を回避する
【NTTデータ】
 「ロボットよ、あとはよろしく!」と言うためのRPA導入のポイント
【ディップ】
 ウチでも明日から始められる! 失敗に学ぶRPA導入の勘所

『第6章 ツール編』
RPAツールを導入する前に 知っておきたい三つのこと
RPA導入にITエンジニアは不要か ツールの特性を知って生産性アップ
運用管理の勘所 「野良ロボット」の増殖を防ぐ
働き方改革に効くRPAツール 20万円台から1000万円クラスまで

『第7章 働き方改革IT編』
働き方改革の即効薬 明日から使える15の処方箋
働き方改革は見える化で 残業、健康、生産性が一変
領収書よ、さらば 間接業務こそ働き方改革
働き方改革を人工知能が指南 TISやPwCコンサルなどが新サービス
7月24日はテレワークの日 働き方改革に向けて政府が呼びかけ
挑んで分かった、テレワークの3大課題 固定観念、勤怠管理、接続操作に配慮を
組織・業務・事業を変える チャット・ファ-スト

▲ページトップへ