「なぜ」で始める要件定義

SE・IT営業スキルアップ

「なぜ」で始める要件定義

関連キーワード-
要件定義 システム提案
発行-
日経コンピュータ

「なぜ」で始める要件定義

購入

  • ■発行日:2015年12月22日
  • ■定価:1,600円+税
  • ■水田 哲郎/松本 隆夫 著
  • ■四六判
  • ■152ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BPマーケティング
  • ■ISBN:978-4-8222-7185-5
  • ■商品番号:248620

「なぜ」で始める要件定義

内容紹介

ユーザーの要望を分析する二つの思考法を身に付ける

システム開発プロジェクトの終盤で要件の追加や変更が頻発した、あるいは開発したシステムが十分に使われない。要件定義が失敗すると、しばしばこんな事態に陥ります。

要件定義が失敗する大きな原因の一つは、ユーザーの要望をそのままシステム要件にすることです。ユーザーの要望は個人の意見にすぎず、それを基にすると、有効な要件の抜け漏れが生じたり、不要な要件が抽出されたりします。

 要望の中から不要なものを排除し、抜け漏れが生じている有効な要件を充足するには、「目的思考」と「デザイン思考」による要望分析が欠かせません。本書では、目的思考とデザイン思考を軸として、要件定義の考え方や進め方、必要なスキルを基礎から解説します。さらに演習問題を盛り込み、実践力を身に付けられるようにしました。
 要件定義の経験が少ない方から実践力を磨きたい方まで、「SEの参考書」として必読の一冊です。

目次

●第1章 要件定義がうまくいかない理由
要望をそのまま受け入れると失敗
必要なのは「なぜ」という分析

●第2章 思考技術を使った成功手順① ~システム化方針の策定~
最初のステップは方針決め
二つの思考技術で5項目を整理

●第3章 思考技術を使った成功手順② ~解決すべき課題の決定~
的外れな要望をその場で判別
「目的思考」のヒアリング

●第4章 思考技術を使った成功手順③ ~解決策立案と要件決め~
新業務フローを作成
「デザイン思考」で要件漏れ防ぐ

●第5章 既存システム改善の要件定義
出てくる要望はシステム改善
二つの思考技術で精査する

●第6章 目的思考の基礎演習
「目的思考」で要望を正しく評価
食堂の来客数はどう増やす?

●第7章 デザイン思考の基礎演習
食堂の来客数を増やす解決策
「デザイン思考」で洗い出す

●第8章 目的思考の実践演習
監査室からのシステム改善要望
「目的思考」で妥当性を検証する

●第9章 デザイン思考の実践演習
要望より優れた施策を導く
五つの観点で漏れなく抽出

●第10章 要件定義に必要なスキル
業種・業務・システム知識や
コミュニケーションスキルも磨こう


――――――――――――――――――――――――
本書は、日経コンピュータ2015年7月23日号から2015年11月26日号に掲載した「『なぜ』で始める要件定義」の連載記事(全10回)を加筆・改編したものです。

▲ページトップへ