初めてのロボコン WRO Japan公式ガイドブック

業界動向/IT経営

初めてのロボコン

関連キーワード-
科学 テクノロジー ロボット工学
発行-
日経コンピュータ

初めてのロボコン

購入

  • ■発行日:2009年8月3日
  • ■定価:952円+税
  • ■日経コンピュータ 編
  • ■A4変型判
  • ■116ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BP出版センター
  • ■ISBN:978-4-8222-6237-2
  • ■商品番号:183950

初めてのロボコン WRO Japan公式ガイドブック

内容紹介

親子でトライ!自作ロボットが育む科学の楽しさと考える力

世界規模で開催されている自立型ロボットコンテスト(WRO)の日本初・公式ガイドブック。
WROに参加することの楽しさを子どもたちに伝えると同時に、競技への参加や課題の解決方法、サポータとなる保護者などの役割についても解説します。

WRO(World Robot Olympiad)とは?
小学生から高校生までの子どもたちが、各々ロボットを製作しプログラムにより自動制御する技術を競う世界規模で開催されているコンテストで、組込みソフトウェア分野における技術教育がテーマ。いわゆる“高専ロボコン”が大型手動ロボットを操作し競い合う(電気・電子的な制御より機械的なアイデア・工作に重きが置かれている)のに対し、WROは組込み技術による自立型ロボット(ETロボット)の自動制御技術を競う。ロボット製作には市販のロボットキットを使用(レゴ社 Mindstorm RCXまたはNXT)。コンテスト参加人口は増加傾向にあり、日本チームは国際大会でも優勝経験がある。

担当編集者、著者が語る

→ロボットコンテスト「WRO」に参加するための入門本

目次

【Part1】 WROって何?!
      World Robot Olympiad(WRO)への道
      WRO国際大会からの実況中継
      世界に広がるWRO
      これがWROの競技だっ!
      2009年のWROはこうなる

【Part2】 きみだけのロボットを作ろう!
      ロボットってなんだろう?
      これがWROで使う教育用レゴ マインドストームだ
      マインドストームでロボットを作ろう
      ロボットを動かすプログラムを作ろう
      ロボット競技「ロボゲッター」に挑戦

【Part3】 WROで勝つために!
      WROに参加したくなったら
      WROで勝ち抜くための5カ条
      WROで勝つためのコツ、教えます
      大会当日までにやるべきこと

< 国際大会参加者インタビュー >
      「スピードよりゴールの“カメさん作戦”」
          ―チームYUNA
      「チームワークで確実ゴール!」
          ―Challenger/大仏3MAX
      「試行錯誤でアイデアを形にする」
          ―インストール/クラウディスカイ

< 大人のためのWRO入門 >

【Part4】 子供が「やりたい」と言い始めたら
      WROに参加するための手続き
      子供たちに自信を持たせる指導法とは
      WROを始めるための準備
      WRO予選会活動母体一覧

【Part5】 教育現場に広がるロボット
      創造性と問題解決力を育てるWRO
      理数系学習におけるロボットの役割
      学習指導要領改訂で変わる教育現場でのロボット
      学内行事と連携し生徒による研究発表も
      マインドストームがつなげる高校と大学の一貫教育
      ソフト技術者育成に向けた問題解決型授業
      大学がWROをサポートする理由

< WRO卒業生による座談会 >
      「ロボコンで勝つことの大切さを学んだ」
          生涯教育としてのET(組み込み技術)ロボコン

< インタビュー >
      福井県教育長・広部 正紘氏
          ―「子どもの目の輝きが印象的、サイエンス教育の第一歩」
      宮崎県知事・東国原 英夫氏
          ―「楽しみながら夢や希望を育む、すばらしい体験に大きな価値」

▲ページトップへ