ラズパイマガジン 2017年12月号

Linux

ラズパイマガジン 2017年12月号

関連キーワード-
Linux ラズパイ 電子工作
発行-
日経Linux

ラズパイマガジン 2017年12月号

購入

  • ■発行日:2017年11月8日
  • ■価格:2,230円+税
  • ■日経Linux 編
  • ■A4変型判
  • ■148ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BPマーケティング
  • ■ISBN:978-4-8222-5761-3
  • ■商品番号:264830

ラズパイマガジン 2017年12月号

内容紹介

絶対に失敗しない定番6パーツの配線テク
Wi-Fiマイコン搭載IoTボードで遊ぼう

 12月号では特別付録として、Wi-Fiマイコンを搭載するIoTプログラミング工作ボードのプリント基板が付いています(付録基板は紙版用で、電子版には付いていません)。別売りのパーツセットをはんだ付けして完成させます(完成品版もあります)。本ボードをWi-Fiでネットにつなぎ、LINEと連携したり温湿度を監視したりする方法を紹介します。

 メインの特集は「定番6パーツ配線テク」です。モーター、LED、スイッチ、LCD、スピーカー、ボリュームという定番6パーツを、いろいろな応用例に生かす方法を詳説します。

目次

【特集1】 失敗しない! 定番6パーツ配線テク
 定番の6種類のパーツについて、基本的な使い方から応用法まで、しっかり知識を身に付けましょう。
 それで作品の応用範囲が大きく広がります。スイッチとLEDはマトリクス状に並べると、
 多数の部品を効率良く制御できます。DCモーターは、いろんなセンサーやスイッチと組み合わせることで、
 車を停止するなど多彩な制御ができます。
 ① スイッチ ② ボリュームとロータリーエンコーダー ③ LED
 ④ キャラクターLCD ⑤ DCモーター ⑥ スピーカー

【特集2】 LINE連携や温湿度監視を実現!
 Wi-Fiマイコンでネットにお知らせ IoTプログラミング工作ボードで遊ぼう
 Raspberry Pi(ラズパイ)のGPIOに接続して利用するラズパイ専用のプログラミング工作ボード
 「パイ専(セン)ボード」。好みのセンサーやLED、ブザーなどをカンタンにコネクタでつないで、
 自分だけのIoTデバイスを作れます。ネットにある豊富なプログラムを活用すれば、
 入門者でも手早く開発できます。
 [Part 1] プログラム開発環境を準備しよう
 [Part 2] Arduinoの開発ツールで簡単作成
 [Part 3] DIY版の組み立て方

【特集3】 AIスピーカーと画像認識マシンを作る ラズパイで人工知能
 人工知能を活用した面白マシンをRaspberry Piで構築してみましょう。
 音声で指示して音楽を鳴らしたり、天気を教えてくれたりする「AIスピーカー」と、
 USB接続したWebカメラをWebブラウザーから操作して撮影し、
 何が写っているのかを判定する「画像認識マシン」を作ります。

≪ラズパイレポート≫
 「みんなのラズパイコンテスト」、ベビー用玩具など50作品が受賞
 ラズパイOSの新版がリリース、日本語対応などの不具合は修正
 Googleスマートスピーカーを自作、キットが3240円で販売開始
 極小の「PocketBeagle」が登場、1チップに集積した工作用PCボード

アキバで発見!ラズパイ注目パーツ
はじめての工作マシン活用法 レーザーカッター

【特集4】 無線LAN を使えるラズパイZero Wで「お手軽監視カメラ」を構築しよう

講座 基礎からじっくり学ぶ ラズパイ電子工作
   第4回 I2C通信(SMBus編)
講座 ラズパイで始める人工知能 機械学習で顔認識モデルを作ろう
   第2回 モデル構築用のデータを準備する
講座 格安PCとして楽しむラズパイ超入門 最終回
   [Part 1] 日々の確認とトラブルへの対処
   [Part 2] コマンドラインを使ってみよう
講座 Raspberry Piで楽しむ PCオーディオ 最終回
   [Part 1] I2S DAC ボードで高音質に
   [Part 2] 500円台の有機ELディスプレイを使う

ラズパイと周辺機器の買い方からOS導入方法まで

▲ページトップへ