ラズパイマガジン 2017年4月号

Linux

ラズパイマガジン 2017年4月号

関連キーワード-
Linux ラズパイ 電子工作
発行-
日経Linux

ラズパイマガジン 2017年4月号

購入

  • ■発行日:2017年2月15日
  • ■価格:2,180円+税
  • ■日経Linux 編
  • ■A4変型判
  • ■148ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BPマーケティング
  • ■ISBN:978-4-8222-3927-5
  • ■商品番号:260820

ラズパイマガジン 2017年4月号

内容紹介

36ステップで分かるラズパイ工作超入門、差すだけで使えるGPS拡張ボードも

 4月号では本誌初の特別付録として、Raspberry Pi用のGPS拡張ボード プリント基板が付いています。
ラズパイマガジン販売サイトなどで提供している専用パーツをはんだ付けして取り付ければ、Raspberry PiがGPSロガーに変身します。
サンプルプログラムを使った実際の活用方法は本誌特集で紹介しています。
(付録基板が付いているのは本誌紙版だけで、電子版には付いていません)

 メインの特集は「ラズパイ工作超入門ステップ36」です。LED、モーター、センサーで基本を押さえた後、20以上の作例から応用法まで身に付けます。

 さらに「みんなのラズパイコンテスト2016」で「準グランプリ」を獲得した「アイロンビース自動配置マシン」の作り方も、作者に詳しく解説してもらいます。

目次

▼特集1
ラズパイ工作超入門
ステップ36

Raspberry Piを使った電子工作を、初心者に向けて基本から36ステップで解説します。
パーツの選び方から始まって、仕様の見方、回路の組み方、プログラムの書き方など、順を追って進むので安心です。
後半の応用編では、さまざまなパーツを組み合わせた実践的な工作を、どんどん作って学びます。
基本編・光らす ステップ1 ~ 11
基本編・動かす ステップ12 ~ 15
基本編・調べる ステップ16 ~ 19
応用編・光らす ステップ20 ~ 24
応用編・動かす ステップ25 ~ 28
応用編・調べる ステップ29 ~ 36

▼特集2
ラズパイに差すだけ!
GPSボードで遊ぼう

Raspberry Piに差すだけで使えるGPS拡張ボード「GPSCAP」を紹介します。
Raspberry PiをGPSロガーとして使えるようになります。集めたデータをGoogleマップに取り込めば移動経路を地図上に表示したりできます。
GPSCAPのプリント基板が本誌の付録として付いています。

▼特集3
みんなのラズパイコンテスト2016 準グランプリ
アイロンビーズの自動配置マシン
「I2C」通信で自在に動かす

Webブラウザー上で描いたデザインに従って、アイロンビーズを自動的に配置してくれる装置を作りました。
ビーズをフィードする装置や、色を判別する装置、ビーズを移動させる装置などの制御を「I2C」通信で統一することで、開発メンバーが各装置を並行して開発できるようにしました。

ラズパイレポート
・「5ドルラズパイを日本でも発売」、財団創設者Eben Upton氏に聞く
・軽量Linuxディストリに新顔、ラズパイ用OSがパソコンで動く!
・岐阜大垣でMini Maker Faire、ラズパイで動かす作品が目白押し

電子工作とクラフトがコラボ!
・スノードーム×電子工作

▼特集4
Raspberry Pi再入門
アプリを活用し公式タッチ液晶に接続

▼特集5
2000円台PCはどこまで使える?
ラズパイ似のOrange Piで LEDを光らせるまで

講座
会議室の空きが分かる簡単IoTシステム 第2回
(Part 1)AWS IoTでメールと連携
(Part 2)送ったセンサーデータを可視化しよう

講座
ラズパイで作ろう お手軽ロボット教室 最終回
(Part 1)ロボット用OS「ROS」を体験
(Part 2)ROSで独自の型や手続きを扱う
(Part 3)ROSで迷路を解こう

ラズパイと周辺機器の買い方からOS導入方法まで
読者プレゼント

▲ページトップへ