企業IT動向調査報告書2017 ユーザー企業のIT投資・活用の最新動向(2016年度調査)

業界動向/IT経営

企業IT動向調査報告書2017

関連キーワード-
IT 動向 調査
発行-
日経BP社

企業IT動向調査報告書2017

購入

  • ■発行日:2017年5月10日
  • ■定価:14,200円+税
  • ■一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS) 著
  • ■A4判
  • ■300ページ
  • ■日経BP社
  • ■日経BPマーケティング
  • ■ISBN:978-4-8222-3938-1
  • ■商品番号:261250

企業IT動向調査報告書2017 ユーザー企業のIT投資・活用の最新動向(2016年度調査)

内容紹介

情報システム・ユーザー企業の
IT投資・IT活用の最新動向がこの一冊に

企業競争力強化やグローバル対応にIT活用は不可欠です。

しかし、攻めと守りのバランスをどうとるか、効果を最大限にするためにどうIT投資をマネジメントするか、IT戦略を立案・推進する人材や組織をどうするか、といった悩みは尽きません。
そのベンチマークデータとなるのが「企業IT動向調査報告書2017」です。東証1部上場企業とそれに準じる企業の約4000社を対象に実施した調査(有効回答は1071社)を基に2017年度のIT投資・活用動向を解説します。

今回調査では、新たに「ビジネスのデジタル化」に関する設問を追加しています。
IoT(インターネット・オブ・シングズ)やAI(人工知能)などを活用した、競争優位性の高い新サービスやビジネスモデルの実現に対して、企業がどう取り組んでいるかが分かります。


●ご購入者様限定サービス
 報告書の全文を収録したPDFデータを、ご購入者様限定でご提供します。
(本書記載のWebサイトにアクセスのうえ必要情報を登録いただきますと、
 PDFダウンロードサイトのURLと開封パスワードを送信いたします。)

目次

はじめに
分析・執筆協力
調査の概要

<調査結果>
●第1章「ITトレンド」
1.1 新規テクノロジーやフレームワークの導入状況
1.2 重視すべきテクノロジー

●第2章「IT予算」
2.1 IT予算の現状と今後の見通し
2.2 開発費と保守運用費
2.3 IT予算の売上高に対する比率
2.4 企業におけるIT予算・IT要員の比率

●第3章「IT投資マネジメント」
3.1 IT活用の重点領域と課題
3.2 IT予算のバランス ― ラン・ザ・ビジネスとバリュー・アップ
3.3 経営戦略とIT戦略
3.4 ITを活用したビジネスイノベーション

●第4章「ビジネスのデジタル化」
4.1 ビジネスのデジタル化の現状
4.2 デジタル化に関するIT部門の役割・人材
4.3 デジタル化を踏まえたITマネジメントの取組み

●第5章「IT人材」
5.1 IT人材の要員数動向
5.2 IT部門の人材育成について
5.3 IT部門の人材タイプ別の状況と人材ソース
5.4 IT部門の位置付け

●第6章「グローバルIT戦略」
6.1 海外進出状況
6.2 グローバルITガバナンスの目的
6.3 グローバルITガバナンスの目指す姿と現状
6.4 グローバルITガバナンス構築上の課題と対応

●第7章「システム開発」
7.1 システム開発における重視事項
7.2 システム開発への取組み姿勢
7.3 システム開発手法
7.4 システム開発における工期・予算・品質

●第8章「IT基盤」
8.1 IT基盤における企業の課題と取組み
8.2 パブリック・クラウド(IaaS/PaaS/SaaS)の活用領域
8.3 自動化/AIテクノロジーの活用への期待
8.4 今後のIT基盤において求められるIT部門とベンダーの能力
8.5 クライアントOSの導入状況

●第9章「ワークスタイル」
9.1 ワークスタイル改革の推進状況
9.2 ワークスタイル改革を推進している中心組織
9.3 ITを活用したワークスタイル改革の期待と効果
9.4 ワークスタイル改革のためのIT整備状況
9.5 ワークスタイル改革を推進する上でのIT部門の課題と役割
9.6 IT部門に求められる役割

●第10章「情報セキュリティ」
10.1 情報セキュリティ関連費用
10.2 経営と情報セキュリティの関係
10.3 情報セキュリティ対策の実施状況
10.4 セキュリティインシデントへの対応

●第11章「BCP(事業継続計画)」
11.1 BCP策定・運用状況
11.2 BCPの策定レベルの変化
11.3 BCP対応部門の変化

▲ページトップへ